プレスリリース

機能アップデートのお知らせ「LINE連携・Zoom自動発行・口座振替」をリリースしました。

予約管理システム部「山田 太郎」はLINE連携、Zoom URL自動発行、口座振替の機能アップデートを実施しました。機能に関する詳細は下記よりご確認ください。


LINE連携について

予約管理システム部「山田 太郎」とLINEの連携により、ユーザーはLINEアカウントを利用して簡単にログインできるようになりました。
連携後はログインID・パスワードを入力することなく「LINEでログイン」からスムーズにログインいただけるようになります。
また、LINE公式アカウントと「友だち」になっているユーザーに対しては、各種お知らせをLINEで通知することができるので、店舗とユーザーの距離を縮め、エンゲージメントを高めることが可能です。

LINE連携のメリット

  • ログインがLINEアカウントを利用するからスムーズ
  • 予約受付完了や予約日前日のリマインド通知をLINEでお知らせできる
  • リッチメニューを活用して利便性を高めるられる

※詳細は機能説明「LINE連携について」をご確認ください。


Zoom URL自動発行について

従来は予約管理システム部「山田 太郎」の管理画面からオンラインレッスンの予約プランを作成し、スケジュールを登録する際に、Zoom管理画面からミーティングURLをコピーし、手入力する必要がありましたが、今回のバージョンアップにより、予約プランのスケジュール登録時に自動でZoom URLを発行するので、これまでのミーティングURLのコピーは不要となり、Zoom管理画面へのアクセス権限がないスタッフでも予約プランのスケジュール登録が可能となりました。

連携用Zoomアカウントの特徴

予約管理システム部「山田 太郎」では「1クライアント/ 店舗 / 講師(スタッフ)」それぞれにZoomアカウントを個別連携することが可能です。

Zoom連携を利用する場合は、予約管理システム部「山田 太郎」をご契約いただいいる「1クライアント」に最低1つのZoomアカウント登録が必要となります。

例) 店舗AだけZoomアカウント個別登録してる場合
店舗Aに属している講師が作成する予約プランは「店舗A」のZoomアカウントを利用します。
店舗Xに属している講師が作成する予約プランは「全体」のZoomアカウントを利用します。

例) 講師AだけZoomアカウント個別登録してる場合
講師A以外の講師B〜Fが作成する予約プランは「全体」のZoomアカウントを利用します。

このように、Zoomアカウントを継承してご活用いただけるので、店舗毎・講師毎にZoomアカウントを分けて管理、運用することが可能です。


口座振替について

予約管理システム部「山田 太郎」は、株式会社ジャックスが提供する口座振替サービスと連携しました。従来のクレジットカード決済の他、口座振替もご利用いただけるようになります。

口座振替とクレジットカード決済の併用をご希望の方は、株式会社DGフィナンシャルテクノロジー(旧:ベリトランス株式会社)が提供しておりますDGFTをご利用いただくことで併用可能となります。

また、予約管理システム部「山田 太郎」では、決済代行会社との契約についてご紹介・サポートを致しますが、お客様が決済代行会社と直接契約をして頂くことで、決済手数料や初期導入費等に仲介手数料など追加徴収されることはありませんので低コストで運用いただけます。また、決済機能導入にかかる費用も一切発生しません。

・JACCS(https://www.jaccs.co.jp/business/
・DGFT(https://www.veritrans.co.jp/